エシカル消費まとめ!おすすめ商品からお役立ち情報まで【2021】

\フォローして毎日サステナブル情報をゲット!/

買い物は投票

地球の未来を変える鍵となるのが「エシカル消費」。

企業は必ず売上が伸びる方向にシフトします。

サステナブルな商品が売れると分かれば、企業は必ずサステナブルな商品作りにシフトします。

買い物は投票!環境、社会、生物多様性に配慮している商品を買って、サステナブルな未来に一票を投じませんか?

おすすめ商品

エシカル消費の極意
  • 大手チェーン店に置いてある商品は基本疑うこと
  • 国内メーカーの商品は基本疑うこと
  • パッケージ表面の写真や文言は基本疑うこと
  • 商品を手に取りしっかり裏面を見ること
  • なるべく認証ラベルがある商品を選ぶこと
  • B Corp認証のある企業は基本信頼できる

からだにユーグレナ

ここがサステナブル!
  • 売上の一部でバングラデシュの子供たちに栄養豊富なクッキーが提供される=SDGsの「貧困をなくそう」と「飢餓をゼロに」に貢献できる
  • 光合成をするミドリムシはCO2を吸収する役割がある=地球温暖化対策に貢献できる
  • 菜食中心の生活で唯一接種できないビタミンB12が接種できる
  • 食物繊維が接種できる
  • からだにユーグレナの売上はバイオ燃料やバイオマスプラスチックなどの開発に投資される
  • 数少ない日本のサステナブル企業

サラヤ・ヤシノミ洗剤

ここがサステナブル!
  • ヤシの実由来の植物性
  • 香料や着色料などは一切無添加
  • 売上の1%がボルネオ島の保全活動に寄付
  • パーム油と熱帯雨林の持続可能性に配慮したRSPO認証取得
  • 本気でサステナビリティに配慮している数少ない日本企業

スタッシャー

ここがサステナブル!
  • 繰り返し使える回数は3,000回
  • 砂と酸素など天然資源から作られるシリコン製
  • パッケージの70%がリサイクル素材
  • 廃棄するときはstasher社に送り返すことが可能(公園に敷かれる小石にリサイクル)
  • 冷蔵庫のスペースを有効活用→節約・節電に
  • 信頼のB Corp認証を取得
  • 売り上げの1%以上を環境保護団体に寄付

シャンプー【エティーク】

サステナブルなシャンプーをお探しの方にオススメしたいのがエティークです。

ここ最近は、リサイクルプラスチックとかバイオマスプラスチックといったような環境に優しい系のシャンプーがいくつも出ています。

サステナブル系のシャンプーは、これまでおそらく10種類以上は試してきたと思います。

LUSH、ダイアン、THE BODY SHOP、ドクターブロナーなどなど…。

しかし世界のプラスチックのうち91%がリサイクルされていないのが現実であり、これはもはやメーカーの努力ではどうにもならない問題です。

一方、エティークの場合は固形シャンプーバーを採用しており、100%プラスチックフリーです。

そもそもプラスチックゴミを出さない、という発想のエティークは今のところサステナブルシャンプー界では最強だと思っています。

ここがサステナブル!
  • 合格率5%のサステナブル認証B Corpを取得
  • パーム油不使用
  • クルエルティフリー認証あり(動物実験なし)
  • 液体シャンプー3本分の美容液成分が凝縮
  • これまで600万本ものプラスチック製造・廃棄を防止
  • パッケージの全てが生分解性
  • フェアトレードのオーガニックココナッツオイルとカカオバターを使用
  • ヴィーガン処方(動物由来の成分なし)
  • 利益の20%を環境団体に寄付(WORLD ANIMAL、INTERNATIONAL、THE ORANGUTAN)

飲み物【オーツミルク】

ヴィーガン、あるいは動物性食品を減らすフレキシタリアンの人。

必ずアルプロのオーツミルクをGETしましょう。

牛乳の代わりにカルシウムを補うことが出来る、というメリットもあります。

ですがそれ以上に大きなメリットがあります。

ヴィーガン生活を送る上で唯一接種できないのが「ビタミンB12」と言われています。

そしてこのオーツミルクならビタミンB12をしっかり接種することが出来るのです。

オーツミルクが日本に上陸するまではサプリでビタミンB12を接種するしかありませんでしたが、もうサプリは不要です。

サステラのRYUもJUNも常に自宅にストックが用意されています。

ちなみにオーツミルクの賞味期限は「常温で273日」なので、まとめ買いをオススメします。

ここがサステナブル!
  • 合格率5%のサステナブル認証B Corpを取得
  • 牛乳の代わりにカルシウムが取れる
  • ヴィーガン生活で唯一接種できないビタミンB12入り
  • 乳製品不使用&ヴィーガン対応
  • 賞味期限は「常温で273日」

マイボトル【タイガー】

サステナブル初心者の人がまず買うべき商品と言えば「マイボトル」です。

そして、是非マイボトルとしておすすめしたいのがタイガーのステンレスボトルです。

SDGsやパリ協定の影響もあってか、最近は「環境に優しい」とか「サステナブル」をうたう企業は沢山あります。

でも多くの企業にとって、環境もサステナブルも、あくまでも商品を売るためだけの謳い文句にすぎず、大してして本気で取り組んでいなかったりします。

タイガーのように「紛争鉱物を使わない」なんていう人権問題に関するメッセージを掲げている企業は、そう多くありません。

そう考えると、タイガーのサステナビリティに対する本気度がうかがえます。

話題のエコーヒーカップとか色々と試しましたが、結局これが一番使い勝手がいいです。

(エコーヒーカップは飲み口がシリコン臭いし、竹繊維の本体に汚れが付きやすい)

何より保温力がとっても高いので、一日たってもホットなら温かいしアイスなら冷たいまま飲めます。

ここがサステナブル!
  • 売上の一部をWaterAidに寄付
  • 紛争鉱物は不使用
  • 15歳以下の労働者のいる企業とは取引しない
  • フッ素コート不使用
  • 自社工場で生産
  • プラスチックごみ削減
  • SDGsの目標6、8、12の達成に貢献できる

食品ロス解消に貢献

ここがサステナブル!
  • 期限が間近な商品や処分対象の商品を大幅割り引き
  • 食品ロス解消に貢献することが出来る
  • 売上の一部を社会貢献団体に寄付

信頼できる企業

エシカル消費で大事なのは、自分の中で信頼できる企業を見つけ、その企業に投票するような気持ちで買い物をすること。

参考までに、サステラが独断と偏見で信頼している企業を紹介させていただきます!

評価基準
  • 環境への配慮は原料の環境負荷、有機栽培の有無、認証の取得、トレーサビリティ等を評価
  • 社会への配慮はフェアトレード商品の有無、認証取得の有無等を評価
  • 動物への配慮はヴィーガン認証とクルエルティフリー認証の有無を評価
  • 総合的なサステナビリティが審査されるB Corp認証を取得していれば全体的に高評価

ファッション

企業カテゴリ配慮評価
アディダススポーツ環境4.5
社会3.0
動物4.0
エコアルフカジュアル環境5.0
社会3.0
動物3.0
ヌーディージーンズデニム環境4.5
社会4.0
動物3.0
VEJAスニーカー環境4.5
社会5.0
動物3.5

環境負荷の低い素材:オーガニックコットン、麻、テンセル・リヨセル、リサイクル素材

美容

企業カテゴリ配慮評価
THE BODY SHOPシャンプー環境3.0
社会5.0
動物3.5
ドクターブロナーシャンプー環境4.0
社会3.5
動物4.0
Melvitaスキンケア環境5.0
社会4.0
動物3.5
エティークシャンプー環境5.0
社会4.0
動物4.0

推奨する認証ラベル:USDA認証、OTCO認証、デメター認証、クルエルティフリー認証、ヴィーガン認証

日用品

企業カテゴリ配慮評価
サラヤ洗剤環境4.0
社会5.0
動物3.0
エコベール洗剤環境4.0
社会3.0
動物5.0
エコストアシャンプー環境3.0
社会3.0
動物4.0

推奨する認証ラベル:クルエルティフリー認証、ヴィーガン認証、RSPO認証

サステナブルを知る

RYU
RYU

サステナビリティの第一歩は”知る”ことから始まります。みんなで一緒に学んでサステナブルな社会の一員になりましょう!

サステナブルとは?分かりやすく意味を解説!
最近「サステナブル」という言葉を耳にすることが多いのではないでしょうか。 サステナブルとは、日本語で「持続可能な」を意味します。 しかし、日本語にされてもいまいちピンときませんよね。 持続可能とは一体なんなのか。 なぜこの言葉が最近...
SDGs(エスディージーズ)とは?17の持続可能な開発目標について解説
2015年9月25日に国連総会で採択された目標のことをSDGs(エスディージーズ)と呼びます。 SDGsとは、Sustainable Development Goalsの頭文字・スペルを取った言葉で、日本語では「持続可能な開発目標」と呼び...
パリ協定とは?目標や問題点について分かりやすく解説
パリ協定とは、2020年以降の気候変動に関する国際的な取り決めのことを指します。 これまで世界は1997年に採択された京都議定書の合意内容に基づいて、気候変動の問題に取り組んできました。 しかし、京都議定書の期限が2020年に期限を迎え...
フェアトレードとは?メリットや問題点についても解説
フェアトレードとは、発展途上国で作られた商品を適正な価格で販売することを意味します。 しかし、なぜ適正な価格で販売することがそんなに大切なのでしょうか? 安ければ安い方がありがたい、と感じる人もいるかもしれません。 ですから、なぜフェ...
エシカルファッションとは?意味・背景・メリットを解説します
SDGsや脱炭素社会の実現がさけばれる昨今、環境や生産者に配慮をして買い物をするエシカル消費が注目されています。 そして同時に、ファッション業界は環境問題や社会問題など多くの問題を抱える業界です。 ですから最近は「エシカルファッション」...
サステナブルラベル16選!ラベルの意味や購入するメリットを解説
エシカル消費をしようと言われても、どうやってエシカルな商品を探せばいいか分からない人は多いと思います。 そんなときに役立つのがサステナブルラベルです。 サステナブルラベルとは、第三者機関が審査をして、合格した商品に対して与えるお墨付きの...
ヴィーガンと環境問題は関係大あり?その真相についてお話します
近年、ヴィーガンという生活スタイルは大きな注目を集めています。 その理由は、2015年9月に国連で採択されたSDGsや同年12月にCOP21で採択されたパリ協定と密接な関係があります。 SDGsやパリ協定と聞けば、何となく環境問題に関す...
グリーンウォッシュとは?分かりやすく解説!
グリーンウォッシュとは、環境に配慮しているフリをする企業の姿勢を指します。 うわべを飾ることを意味する「ホワイトウォッシュ」と環境を意味する「グリーン」を掛け合わせて出来た造語です。 本気で環境に配慮する気はないのに、商品やサービスを売...
カーボンニュートラルとは?分かりやすく意味を解説します
カーボンニュートラルとは 「二酸化炭素の排出と吸収がプラスマイナスゼロ」 の状態を意味します。 文字通りカーボン(炭素)をニュートラル(中立)にするということです。 しかし、なぜ「二酸化炭素排出ゼロにしよう」と言わずにわざわざ「カー...
サンゴの白化現象とは?珊瑚礁と地球温暖化の関係について解説
サンゴは海の生物多様性を支えるとても重要な役割を果たしています。 サンゴ礁には多くの魚類、ナマコ、貝類が集まり、海の熱帯雨林とも呼ばれています。 しかしここ最近、サンゴはその個体数を大幅に減らしています。 ハワイ大学マノア校の新しい研...
再生可能エネルギーとは?種類とメリット・デメリットを解説
二酸化炭素を排出しないエネルギーを再生可能エネルギー、またはクリーンエネルギーといいます。 太陽光、風力、地熱、水力、バイオマスなどが再生可能エネルギーです。 石炭や石油などをエネルギーとする火力発電は温室効果ガスを排出するだけでなく、...
バイオプラスチックとは?特徴や課題について解説します
最近よく「バイオプラスチック」という言葉を耳にする機会が増えたのではないでしょうか? 世界が「脱炭素社会の実現」を宣言したことにより、より環境負荷の小さい素材に注目が集まっているからです。 ただ、バイオプラスチックといっても、なんとなく...
寄付するならどこがいい?選び方とおすすめ寄付先3選を紹介します
「困っている人たちを助けたい。」 そう思う人にとって、寄付は有効な手段の一つです。 しかし、残念ながら寄付を募っているすべての団体が善意の組織とは限りません。 集めたお金や物品を自分たちの懐に入れてしまうような団体だってあります。 ...
ミドリムシとは?効果や7つのメリットを徹底解説します
ミドリムシは、5億年以上前に地球上に誕生した原生動物です。 正式な学名ではユーグレナと呼ばれます。 植物と動物両方の性質を持った微細藻類です。 ミドリムシといっても昆虫とは全く異なり、ワカメやコンブなどと同じ「藻」の仲間です。 実は...
グリーンライフポイントとは?分かりやすく解説!
グリーンライフポイントとは 「消費者が環境に配慮をした行動をとった際にポイントを付与する制度」 のことを指します。 サステナブルな行動をとるメリットを与えることで、人々の環境意識を高め、CO2排出を削減する狙いがあります。 温室効果...

コメント

タイトルとURLをコピーしました