からだにユーグレナを徹底検証!口コミや効果レビューを紹介します

食品
この記事を書いた人
RYU

生まれも育ちも神奈川県。サステナブル生活2年目。自宅の電気を再エネに切り替えました。フォロワー3万人のInstagramを中心にSDGs、地球温暖化、エシカル消費などの情報を発信するメディア「サステラ」を運営中。

RYUをフォローする

栄養満点なミドリムシがとれる「からだにユーグレナ」。

ミドリムシを飲むことができる唯一無二の商品です。

でも気安く買えるお値段ではないですし、飲み続けられる味なのかも気になるし、買おうか迷っている…という方もいらっしゃるかと思います。

そもそも多くの人にとって、ミドリムシ自体が馴染みがないですからね。

青汁であれば色々な商品と比較できますが、ミドリムシが含まれる商品は文字通り「からだにユーグレナ」だけです。

ですから、多くの人にとってはからだにユーグレナが「ミドリムシデビュー」になろうかと思います。

分からないことだらけ、不安だらけで当然です。

というわけで本記事では、商品の口コミからデメリットまで、公式サイトでは分からない商品の裏側について紹介させていただきます。

ぜひ購入する前にチェックしてみてください。

スポンサーリンク

メリット

豊富な栄養素

からだにユーグレナには、野菜・魚・肉が持つ人間に大切な栄養素59種類がバランスよく含まれています。

仕事で日々忙殺されている人、家事や育児に忙しい人にとっては、どうしてもバランスのとれた食生活はハードルが高いものです。

というかこれだけ満遍なくコンビニがある国ですから、手軽に安く食事がとれる分、栄養が偏っている人はかなり多いです。

そう考えると、ほぼすべての栄養素が一つの商品で取れるって本当に貴重な存在です。

食物繊維

ミドリムシにだけ含まれる「パラミロン」と呼ばれる成分が含まれています。

パラミロンはβ-グルカンの一種で、キノコや酵母に多く含まれる多糖類にあたり、食物繊維の仲間です。

食物繊維は、消化吸収されずに小腸を通って大腸に届くので、便秘予防などの整腸効果が期待されます。

加えて食物繊維は食事の満腹感を与えてくれるため、食べ過ぎを防止してくれるので、ダイエット中の人にもオススメ。

まぁ食物繊維のメリットについては知っているという方も多いと思いますが、それを知ったうえでも「なかなか取れない」のが食物繊維の最大の難点ですよね。

私も食生活に関してはかなりズボラな方なのでよく分かります。

だって食物繊維がとれるのってキノコ、ナッツ、玄米とかですよ?

意識的に食べようとしない限り、なかなか口の中に入ってこないラインナップですよね。

これを毎日食べるのってかなりハードル高いです。

そんな食物繊維が「飲み物を飲む」という作業だけで完了するなんて、ズボラ民にとってこんなにありがたい話はないわけです。

ビタミンB12

個人的にはビタミンB12が含まれているのは高評価ポイントです。

サステナブルな生活を送っている人の中には、お肉を食べない、またはお肉を減らしている人も多いはず。

でも、こういう生活はどうしても栄養が偏りがち。

特にビタミンB12は、基本的には動物性の食品からでないと接種できない栄養素とされています。

しかし、からだにユーグレナにはビタミンB12がしっかり含まれています。

サステナブル

からだにユーグレナを飲むということは、社会問題や環境問題といったサステナビリティに貢献することに繋がります。

昨今、脱炭素とかSDGsの影響もあり、エシカル消費が注目されています。

そしてからだにユーグレナを買うことは、エシカル消費に繋がります。

私がからだにユーグレナを買っているのも、栄養が豊富である以上に、エシカルであるという理由が大きいです。

社会問題

からだにユーグレナの売上の一部で、バングラデシュの子どもたちに栄養豊富なユーグレナクッキーが届けられます。

つまり、からだにユーグレナを飲めば、私たちとバングラデシュの子供たちが一緒に栄養補給ができるという仕組み。

SDGsの「貧困をなくそう」や「飢餓をゼロに」といった目標達成に貢献することが出来るのです。

からだにユーグレナを飲むたび「よし、バングラデシュの子供が一人健康になった」という想いに勝手に浸っています。

環境問題

ミドリムシは植物と同じように光合成で成長するため、大気中のCO2を吸収する役割を持っています。

さらに言うと、ユーグレナ社はミドリムシを使ってバイオ燃料を作ったり、バイオマスプラスチックを作ったりと、脱炭素社会に大きく貢献しています。

ただ、国内で唯一ミドリムシを大量培養できるユーグレナ社は、いわゆるバイオベンチャーであり、資金力のある大企業ではないので、さらなるミドリムシ培養には多額の研究開発費と設備投資が必要です。

そのためのお金をつくるために、ユーグレナ社は「からだにユーグレナ」とかで売上を作り、脱炭素分野への投資に回しているのです。

ですから、言い換えれば私たちがからだにユーグレナを買うことはユーグレナ社への投資となり、さらなるミドリムシ培養量の増加へと繋がり、ひいては私たちの買い物が間接的に地球温暖化対策に貢献することに繋がるわけです。

脱炭素とかSDGsとかが注目されている昨今ですから、今後学校や職場とかで「環境問題やSDGsに関して何かアクションをしてますか?」ということを聞かれる機会が出てくるでしょう。

そんなとき「からだにユーグレナ飲んでます」と答えましょう。

この商品を買うだけで、「環境問題」にも「SDGs」にも両方に貢献できますから。

デメリット

個別包装

からだにユーグレナのパウダータイプはプラスチックに個別包装されているので、自宅から出るプラスチックゴミを最小限に抑える生活を徹底している人にはデメリットと言えるかも。

どうしても個別包装が気になる人はサプリメントタイプを選びましょう。

とはいえ、個人的にはパウダータイプを買っても、他でプラスチックを減らしたりして相殺すれば何も問題ないと思います。

なによりユーグレナ社は、健康食品の売上をバイオ燃料やバイオマスプラスチックなどサステナブルな事業に投資しています。

「自宅」という観点で考えれば確かにデメリットかもしれませんが、「地球の未来」という視野で考えれば、からだにユーグレナを買うことは持続可能な地球の未来に投資することに繋がります。

サステナブル生活を送っていると、どうしても「目先の是非」にとらわれがちです。

しかし環境問題というのは、それこそ地球規模の、10年20年単位の長期スパンの問題を解決しようとしているわけですから、広い視野で大局的に是非を判断する姿勢がとても重要です。

お値段が少し高い

値段が高いかどうかはその人の経済力によって変わってくるので一概には言えません。

ただ、3,628円/月(グリーンパウダー)が安いと言い切れる人は、長年にわたってデフレが続く日本においてそう多くないと思います。

そしてからだにユーグレナを定期購入している私も、もっと安ければ嬉しいなーということは常に思っています。

でも、人間に必要な栄養のほぼすべてを含んでいることを考えると、決して高すぎることもないと思うんです。

むしろ「今後の人生」という長いスパンで考え、健康投資と捉えればむしろリーズナブルであるとも言えます。

日本人はコンビニで安い食品ばかりを食べて値段について麻痺してしまっていますが、あの安さによってジリジリと削られているのは他でもない「健康」です。

コンビニで売られている食品の原材料を見てみてください。

人工甘味料とか化学調味がドッサリ入ってます。

私は自然派でもなんでもないので、多少の添加物とかは全然気になりません。

そんな私ですら、コンビニの食事だけを毎日続けることがいかにヤバいことかは理解できます。

オーガニック系のスーパーに陳列してある商品と比較したら、コンビニとか大手スーパーに並んでる商品がいかに健康に悪いかが分かると思います。

健康というものは1年とか2年で結果が現れるものではなく、10年後20年後に現れるものです。

もし将来、病気に患ったりして病院に通ったり入院をすることになったら、とんでもない額のお金が必要になります。

将来必要となるであろう医療費というリスクが、からだにユーグレナを飲み続けることで低下する可能性があるなら、3,628円/月なんて安いものです。

1か月分で3,620円ですが、1日に置き換えてみたら120円くらいです。

120円の飲み物なんて、皆さん普段から買ってますよね?

健康を第一に考えるならオーガニック系のお店で食品を買うのが理想ですが、そうするとさらにとんでもないお金がかかります。

ですから、普段の食事を大幅に変えることができない人にこそ、からだにユーグレナを飲んで欲しいですね。

かくいう私も、すべての食材をオーガニック系のスーパーで買えるほど裕福な人間ではありません。

ズボラな食生活を送る中で、からだにユーグレナでプラマイゼロにしよう、そんな気持ちで買ってます。

逆に言えば、オーガニック系のスーパーで3食健康な食事を自炊できる人は必要ないかもしれません。

あとは、青汁と比較するのであれば、定期購入で3,628円/月(グリーンパウダー)って全然相場ですね。

サントリーウエルネスの青汁なら1か月分で3,888円、大正製薬の青汁なら1か月分で4,104円ですからね。

まぁ一見するとお値段は高いからだにユーグレナですが、長い目で見たらそんなに高くはないよ、というお話です。

味レビュー

サプリメントに関してはのどに流し込むだけなので置いておきます。

ここではパウダーについての感想について述べさせていただきます。

少し甘めの抹茶みたいな味がします。

青汁なんかより全然飲みやすいですね。

正直、水だけで飲んでも全然いけます。

牛乳と混ぜるともちろんさらに美味しくなります。

ただ、牛乳は環境負荷が大きいので、個人的には植物性ミルクと混ぜて飲んで欲しいです。

オススメはオーツミルクですね。

からだにユーグレナ+オーツミルクの組み合わせは本当に美味しいのでぜひ試してみて欲しい。

そもそも私は食生活に関してはズボラなくせに最近じゃお肉を減らす生活なんてやっているものですから、正直かなり栄養が偏ってます。

なので、こういう「手軽に豊富な栄養が取れる」商品は本当にありがたい…!

サステナブルな生活は何よりも「継続する」ことが重要です。

ユーグレナの「手軽さ」は「継続」に大きく貢献してくれます。

口コミ・評判

良い口コミ

悪い口コミ

個人的な感想

正直私はこれまでの人生で、サプリや健康食品といった類の物を買ったことがありませんでした。

なぜなら、効果の疑わしいものが多いのと、あえて買わなくとも食生活を直せば何とかなる商品ばかりだからです。

というか今でも大半のサプリや健康食品は、買う必要がない商品ばかりだと思っています。

大抵は「ダイエット」とか「美容」とか、人のコンプレックスに付け込む商品ばかりだと思ってます。

ですから、買う価値のある商品だと思えたのはからだにユーグレナが初めてです。

からだにユーグレナを飲みたいというより、ミドリムシを飲みたいんですよね。

ミドリムシって「とんでもない栄養価の高い生物だ」ということは長年、世界の専門家の間でも分かっていたことだったんです。

でも、あまりの栄養価の高さゆえに、バクテリアやプランクトンにすぐに食べられてしまうので、培養することが難しかったんですよね。

そんなミドリムシを、世界で初めて大量培養に成功したのがユーグレナ社なんです。

多くの苦労を乗り越えて作られた商品が「からだにユーグレナ」なので、競合他社が他にいないのです。

ですから、「ミドリムシを飲みたい!」と思ったら、結局からだにユーグレナを買うしかないんですよね。

普段の食生活を変えれば大半のサプリや健康食品は不必要なモノばかりですが、食生活をどう変えたってミドリムシだけは他から接種できないんです。

ですから、からだにユーグレナは他に代えがきかない唯一無二の商品だと思ってます。

まぁいずれにしても、初回はお試しで980円で買うことが出来るので、まずは試してみて、そのあとに続けて買うかどうかを判断してみればいいと思います。

ご安心ください、健康食品にありがちな「お試し注文したら2か月目以降は自動的に定期契約になって解約するのに違約金がかかる」みたいなあくどいシステムではありません。

本当にお試しだけ注文だけで終わることが可能です。

ここもからだにユーグレナの良心的な部分ですよね。

というわけで皆さんも気軽な気持ちでミドリムシを体験してみてください。

この記事を書いた人
RYU

生まれも育ちも神奈川県。サステナブル生活2年目。自宅の電気を再エネに切り替えました。フォロワー3万人のInstagramを中心にSDGs、地球温暖化、エシカル消費などの情報を発信するメディア「サステラ」を運営中。

RYUをフォローする
食品
スポンサーリンク
RYUをフォローする
サステラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました