環境に優しいエコ洗剤の選び方とおすすめ16選【2021】

日用品
この記事を書いた人
RYU

生まれも育ちも神奈川県。サステナブル生活2年目。自宅の電気を再エネに切り替えました。フォロワー3万人のInstagramを中心にSDGs、地球温暖化、エシカル消費などの情報を発信するメディア「サステラ」を運営中。

RYUをフォローする

地球温暖化などの環境問題が注目されている昨今。

色々なお店で「環境に優しい」ことをうたう商品が数多く展開されています。

今回紹介をする「洗剤」もその中のひとつです。

ただ残念ながら、環境に優しいことをうたっているすべての洗剤が、実態が伴っているとは限りません。

近年は消費者の環境志向が高まっており、中には商品を売るためだけに、環境に優しいことをうたっている商品もあるのです。

ですから、本当に環境に配慮されている洗剤を買う場合、しっかり吟味をする必要があるのです。

本記事では、環境に配慮された洗剤の選び方と、数多くのサステナブル洗剤を購入してきた筆者がオススメする商品を紹介させていただきます。

ぜひ参考にしてみてください。

「環境に優しい商品」って海外では語弊を招く表現だとして割と問題視されていたりします。まぁ確かに、どれだけ環境に配慮されていようが、資源を消費し、パッケージをし、輸送をするわけですから、商品をつくる以上は少なからず環境負荷はかかりますからね。ですから「環境に配慮した商品」がベターな表現かもしれません。
スポンサーリンク

選び方

まずは洗剤の選び方からお話させてください。

環境に配慮されている洗剤かどうかは

  • 植物由来成分
  • オーガニック
  • パッケージの素材
  • パーム油

あたりが見分けるポイントになってきます。

植物由来成分

洗剤に含まれる界面活性剤は「石油由来」と「植物由来」の2種類があります。

石油由来の合成界面活性剤は文字通り限り石油を消費します。

石油は地球上に埋蔵されている量に限界があるので、使い続けることは持続可能とは言えません。

また石油由来の合成界面活性剤は植物由来に比べて生分解性が劣り、水中に残留しやすいので、川や海に流出した場合の生態系への悪影響が懸念されます。

繰り返し栽培することができ、かつ生分解性に優れている植物由来の界面活性剤をオススメします。

オーガニック

農作物を栽培する際に使用される農薬は、土壌の微生物を殺してしまいます。

土壌には本来二酸化炭素を吸収する役割が備わっていますが、農薬を使用するとその機能が損なわれてしまいます。

ですから、地球環境に配慮した商品を選びたい人は、農薬を使用せず有機栽培で育てられた原料を使用しているオーガニック洗剤がオススメ。

パッケージの素材

プラスチックは石油を消費して作られ、生分解性が低いため、海へ流出すると自然界に残り続けることになります。

近年では海洋プラスチックゴミが問題視されており、2050年には海を漂流するプラスチックゴミの量が魚の数を超えると言われています。

洗剤によっては、石油由来ではないバイオマスプラスチックを使用していたり、あるいは廃棄されたプラスチックをリサイクルして作られた再生プラスチックなどがパッケージに採用されている場合があります。

海洋プラスチックゴミに問題意識を持っている方は、パッケージの素材に注目してみましょう。

パーム油

アブラヤシの果実から採れる植物油脂のパーム油。

ポテトチップス、アイスクリーム、インスタントラーメン、化粧品など、あらゆる商品に含まれています。

洗剤にももちろん含まれています。

そしてパーム油生産のために、多くの熱帯雨林が破壊されています。

じゃあパーム油が使われていない商品を買うのが正解なのかと言われると、実は問題はそう単純ではありません。

パーム油は他の植物油と比べると単位面積当たり5~8倍の油が収穫することができるため、仮に大豆油やひまわり油などで代替しようとすると、さらなる環境破壊に繋がります。

また、パーム油生産に携わっている農家のほとんどが小規模農家であるため、世界中の人がパーム油をボイコットすれば多くの貧困を生み出します。

ですから、パーム油生産と熱帯雨林の両方の持続可能性に配慮をしている商品を選ぶ、というのが今のところベターな選択肢です。

おすすめ食器用洗剤

ヤシノミ洗剤

出典:https://www.yashinomi.jp/

サラヤが展開するヤシの実由来の植物性洗剤「ヤシノミ洗剤」。

洗った後の排水は微生物によって水と二酸化炭素にすばやく分解され、地球に還ります。

また、パーム油生産と熱帯雨林の持続可能性に配慮をしたRSPO認証を取得。

加えて、ヤシノミ洗剤の売上の1%が熱帯雨林の保護活動「ボルネオ保全トラスト」に寄付されます。

エコベール

出典:https://www.ecover.co.jp/clean-design/

香料まで無添加にこだわり、肌へのやさしさを追求しました。

英国アレルギー協会にも認定されています。

ボトルは100%再生プラスチック使用。リサイクル可能です。

環境や社会に配慮をしている企業を審査する「B Corp認証」を取得しています。

世界4,000社が認証されている世界基準で、合格率5%の厳しい認証です。

エコストア

出典:https://ecostore.jp/Form/Product/ProductList.aspx?shop=0&cat=CTR402&bid=EC01

手肌にも環境にも優しく、また高い洗浄力で食器をきれいにスッキリ洗い上げます。

梱包材にリサイクル素材とリサイクル可能素材を使用しています。

パッケージには、二酸化炭素排出量の削減に寄与する100%リサイクル可能なサトウキビ由来の「カーボンキャプチャーパック」を採用。

また、エコストアはすべての製品で動物実験をしていないことを証明するPETAのクルエルティフリー認証も取得しています。

ソネット

出典:https://www.omochabako-webstore.jp/SHOP/182389/182390/list.html

環境や手肌にやさしいオーガニック食器用洗剤。

惑星や星座の位置からエネルギーを図り、 種蒔きや堆肥・収穫などの作業日を決定するなど、天体の力を最大限に利用した「バイオダイナミック農法」を採用。

有機レモングラスのフレッシュな香り。

泡立ちもよく、油汚れもスッキリ。

野菜や果物洗いにも。

フォーリア

出典:https://www.binchoutan.com/folia/index.html

オーガニックレモン精油のみずみずしい香りが特徴。

オーガニック認定原料が入手可能なときにのみ製造されます。

フォーリアの製造工程は、イタリアで最も信用のあるオーガニックや環境保護の認証機関 ICEAのエコフレンドリー認証を受けています。

製品が水質に及ぼす影響の度合いを示す『CDV(Critical Dilution Volume=臨界希釈体積)』が小さいことを証明するこの認証は、その他の認証機関が示すエコラベル認定基準よりも厳しい基準です。

原材料は、可能なかぎり地元で生産されるものを使用し、遠隔地からの輸送がもたらす環境負荷を削減しています。

使用されるすべての原材料は動物実験が一切行われていません。

フロッシュ

出典:https://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/frosch/category/kitchen/#dw

天然アロエヴェラエキス配合の食器用洗剤。

手荒れの原因のひとつであるアルコールを取り除いた「ノンアルコール処方」。

ノンアルコール処方による手肌へのやさしさは水で洗ったときとほとんど変わりません。

ヤシ油や菜種油などから作られる植物由来の洗浄成分を使用し、自然の力で汚れをスッキリ落とします。

自然界に存在する微生物によって水と二酸化炭素に分解され、ほぼ100%が自然に還ります。

環境負荷を抑えるために容器も100%再生PETを使用。

おすすめ洗濯洗剤

ヤシノミ洗剤

出典:https://www.yashinomi.jp/

せんいに残りにくい洗浄成分に加え肌刺激の恐れのある合成香料・着色料・抗菌剤など無添加。

植物性洗浄成分”ツインパワーノニオン”がニオイの原因となる菌を99.99%除去。

洗った後の排水は微生物によって水と二酸化炭素にすばやく分解され、地球に還ります。

また、パーム油生産と熱帯雨林の持続可能性に配慮をしたRSPO認証を取得。

加えて、ヤシノミ洗剤の売上の1%が熱帯雨林の保護活動「ボルネオ保全トラスト」に寄付されます。

エコベール

出典:https://www.ecover.co.jp/

香料まで無添加にこだわり、肌へのやさしさを追求した洗たく用濃縮洗剤。

英国アレルギー協会にも認定されました。

敏感肌の方におすすめです。

環境や社会に配慮をしている企業を審査する「B Corp認証」を取得しています。

世界4,000社が認証されている世界基準で、合格率5%の厳しい認証です。

エコストア

出典:https://ecostore.jp/Form/Product/ProductList.aspx?shop=0&cat=CTR401&bid=EC01

植物由来の界面活性剤使用。

蛍光増白剤、着色料、アルコールはすべて無添加。

梱包材にリサイクル素材とリサイクル可能素材を使用しています。

パッケージには、二酸化炭素排出量の削減に寄与する100%リサイクル可能なサトウキビ由来の「カーボンキャプチャーパック」を採用。

また、エコストアはすべての製品で動物実験をしていないことを証明するPETAのクルエルティフリー認証も取得しています。

ソネット

出典:https://www.sonett.eu/anwendung/waschanleitung/

植物原材料・ミネラル成分のみでつくられた、手肌にも環境にもやさしいオーガニック洗剤。

惑星や星座の位置からエネルギーを図り、 種蒔きや堆肥・収穫などの作業日を決定するなど、天体の力を最大限に利用した「バイオダイナミック農法」を採用。

水にもさっと溶け、溶け残りもない白物用液体洗剤。

有機ラベンダーエッセンシャルオイルのやすらぐ香り。

フォーリア

出典:https://www.binchoutan.com/folia/index.html

水にとけて使いやすい、オーガニックラベンダー精油のすがすがしい香りの洗濯用洗剤です。

オーガニック認定原料が入手可能なときにのみ製造されます。

フォーリアの製造工程は、イタリアで最も信用のあるオーガニックや環境保護の認証機関 ICEAのエコフレンドリー認証を受けています。

製品が水質に及ぼす影響の度合いを示す『CDV(Critical Dilution Volume=臨界希釈体積)』が小さいことを証明するこの認証は、その他の認証機関が示すエコラベル認定基準よりも厳しい基準です。

原材料は、可能なかぎり地元で生産されるものを使用し、遠隔地からの輸送がもたらす環境負荷を削減しています。

使用されるすべての原材料は動物実験が一切行われていません。

海へ…step

出典:http://www.gankohompo.com/products/laundry/01/lineup.html

海洋タンカーの事故処理研究から生まれた洗濯洗剤「海へ…step」。

洗剤に含まれる総ての原料がそのまま自然界に流出してしまった事故を想定した生分解性試験を行い、「海へ…」は21日間で易生分解性と判断されています。

ちなみに7日間ごとの測定で28日間を経過しても易生分解性の判断を下せなければ、生分解性が低く環境へのダメージを与えやすい原料とみなされます。

この実験結果を開示しているメーカーは非常に少ないです。

現在流通している市販の洗剤と比較し1/7の界面活性剤で同等以上の汚れ落ちを実現した洗剤です。

これは、原料となる作物の栽培面積を7倍にしたことと同じです。

大量消費の発想を捨て、リデュースというアプローチをしている洗剤。

国内大手メーカーに先駆けること10年。

すすぎ2回タイプが一般的であった洗剤を、ためすすぎ1回タイプにすることに成功。

これだけで、節水率は60%超え。

そして「海へ…」は20年ぶりのリニューアルを果たします。

開発に5年、1年間の社内外の検証を重ね、2019年7月ついにタテ型洗濯機におけるすすぎゼロ回を実現。

これで現行の洗濯方法と比較してさらに約50%の節水が可能に。

節水は節電につながり、節電は二酸化炭素の排出量を抑え、地球温暖化の防止に繋がります。

最後に

洗剤は洗い心地とか香りの好みとか、人によって大きく分かれます。

そして残念ながら万人にとって最適な洗剤というものは存在しません。

どの商品にも長所があれば短所もあります。

なので「どれか1個に決めなきゃ…」なんて身構えず、まずは気軽に1個買ってみましょう。

合わないと思えば、また別の洗剤を買えばいいのですから。

そうやって買いかえていくうちに「これだ!」と思える洗剤に巡り合えるはずです。

それでは皆さん、素敵なサステナブル生活を!

この記事を書いた人
RYU

生まれも育ちも神奈川県。サステナブル生活2年目。自宅の電気を再エネに切り替えました。フォロワー3万人のInstagramを中心にSDGs、地球温暖化、エシカル消費などの情報を発信するメディア「サステラ」を運営中。

RYUをフォローする
日用品
スポンサーリンク
RYUをフォローする
サステラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました