オーガニックコスメおすすめ8選!化粧品の選び方に要注意?

コスメ
この記事を書いた人
JUN

アイヌ文化のある町で生まれ育ち、アイヌの「動物や自然と共存する思想」を学びながらサステナブルな暮らしを実践中!主にサステラのInstagramで発信してます!

JUNをフォローする

自然派志向の人や環境意識の高い人から支持を集めているオーガニックコスメ。

そして人気の高まりとともにオーガニックを名乗る化粧品の商品数も増えています。

しかしオーガニックコスメは正しく選ばないとハズレを引いてしまう可能性が高いので要注意です。

本記事ではハズレをひかないオーガニックコスメの選び方と、数多くのオーガニックコスメを購入してきた筆者が厳選するオススメ商品を紹介させていただきます。

最後までお読みいただければ、きっとアナタにピッタリの商品に出会えるはずです。

スポンサーリンク

オーガニックコスメの選び方

最初にとても重要なことを言います。

オーガニックコスメで何より大切なのは「認証」です。

認証とは、第三者機関が設ける基準をクリアし、審査に合格した商品にだけ与えられる「ホンモノの証」です。

パッケージの裏面とかに表示されているラベルみたいなやつです。

オーガニック食品は厳格なルールがある

なぜ認証が重要なのかを理解していただくために、ちょっとだけ「オーガニック食品」についての話をさせてください。

例えば有機栽培の食品に「JAS」というマークがある商品を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

このラベルこそが、まさにオーガニックに関する認証です。

JASは農林水産省が定める

「2年以上は化学肥料や農薬は使っちゃダメですよ」

「遺伝子組み換え種苗は使用しちゃダメですよ」

といった基準を合格して初めてパッケージにJASのラベルを載せることが出来るのです。

でも、正直に言って「オーガニック食品」に関してはそこまで認証を気にする必要はありません。

なぜなら、有機JASの基準をクリアしていない食品のパッケージに「オーガニック」とか「有機」といった文字を載せると、1年以上の懲役または100万円以下の罰金が課されることがあるからです。

オーガニック食品に関してはJAS法という法律によって厳格にルールが定められているため、そもそも消費者が「これ本当に有機栽培なのかな」などと疑う必要がないのです。

ここから話を「オーガニックコスメ」に戻します。

オーガニックコスメは無法地帯

じゃあオーガニックコスメはどうなのかと言えば、完全にルールがない無法地帯です。

JAS認証はあくまでも「食品」にしか付与されず、「化粧品」にJAS認証が与えられることはありません。

つまり「化粧品」に関しては法律や罰則などが一切ないため、例えば原料のうちたった1%でも有機成分が含まれていれば「オーガニックコスメ」を名乗ることが出来てしまうわけです。

で、実際にたった数%しか有機成分が含まれていないオーガニックコスメが結構売られていたりします。

ただ、JASのように国が管理する認証はないものの、民間で独自に立ち上げられたオーガニックコスメの認証機関がいくつかあったりします。

少なくとも、化粧品メーカーが自分たちで「私たちの商品はオーガニックです」と勝手に名乗っている商品より、第三者の審査を受けて第三者機関から「コレはオーガニックです」とお墨付きをもらった商品の方が限りなく信ぴょう性が高いです。

ですから、パッケージの表面に書いてある「オーガニック」とか「有機」といった言葉には大して意味がありません。

そのコスメがオーガニックかどうかを決めるのはすべて認証です。

なんの認証ラベルもないコスメは買わない方がいいでしょう。

オーガニックコスメ認証

認証のある商品を選びましょうと言っても、なんの認証でもいいわけではありません。

認証機関もメーカーから手数料を受け取っているため、中にはビジネスに特化し、審査基準が甘すぎる認証機関なんてのもあったりします。

つまり、信頼できる認証というのは限られています。

ここでは当サイトが信頼している認証をいくつか紹介させていただきます。

コスモス認証

COSMOS(コスモス)認証とは、ナチュラル&オーガニック化粧品の世界統一基準を目指すヨーロッパを中心としたオーガニック認証機関のことを言います。

これまでヨーロッパでは、数々のオーガニックコスメ認証機関が生まれてきました。

しかし各認証機関によって、基準や有機に関する考え方が異なり、結局「どこの認証マークの化粧品を購入すれば分からない」と消費者が混乱するという事態になります。

そこで、ドイツの「BDIH」、フランスの「ECOCERT」「COSMEBIO」、イタリアの「ICEA」、イギリスの「英国土壌協会」の5つの認証機関がバラバラだった基準を統一しようと「COSMOS認証」を設立しました。

  • 有機農法由来の原料を使用し、生物多様性に配慮すること
  • 人の健康や環境に配慮した加工や製造を行うこと
  • グリーンケミストリー(生態系に与える影響を考慮し、持続成長可能な化学工業のあり方を提言する環境運動)の概念に取り組むこと
  • 遺伝子組み換えの植物原料の使用禁止
  • 生きている動物および解体された動物から抽出された原料 の使用禁止

などがコスモス認証の基準です。

コスモス認証は、含まれるオーガニック原料の割合によって「コスモスナチュラル」と「コスモスオーガニック」の2つのレベルで分けられます。

コスモスナチュラル認証は使用される原料は精査された自然由来の原料であること、コスモスオーガニック認証は完成製品の20%は有機原料であることが基準です。

コスモスナチュラル認証にはオーガニック原料の条件がないので、オーガニックコスメが欲しい人は基本的に「COSMOS ORGANIC」という記載のあるラベルの商品を選びましょう。

ネイトゥルー認証

NATRUE(ネイトゥルー)はナチュラル&オーガニック化粧品に関する厳格な基準の維持を目指すベルギーの非営利団体。

ヨーロッパにはたくさんのオーガニックコスメ認証がありますが、営利団体も多く、ナチュラルコスメブランドの企業たちが

「認証制度をビジネス目的にするのではなく、公正さにこだわろう」

と2007年に設立しました。

  • 認めたれたナチュラルおよびオーガニックな成分が配合されている
  • 環境に優しい製造方法である
  • 動物実験を行わない
  • 石油系原料などは含まない

など厳しい基準をクリアした製品だけに認証マークの表示が許可されています。

ちなみにネイトゥルーの認証ラベルがあれば必ず100%オーガニックというわけではありません。

  • ナチュラルコスメ=配合して良い成分やNATRUEの基準を満たす加工方法、定められた自然原料を配合
  • オーガニック原料を含むナチュラルコスメ=配合されている自然原料のうち70%以上がオーガニック
  • オーガニックコスメ=配合されている自然原料のうち95%以上がオーガニック

という3段階のレベルがあります。

なお、以前はレベル分けをしていて消費者も星マークで見分けることが出来ました。

しかし現在は、ナチュラルコスメもオーガニックコスメも同じ認証ラベルが使用されており非常に判断しづらいです。

「オーガニック原料を含むナチュラルコスメ」「オーガニックコスメ」など詳しく知りたい人は各ブランドにお問い合わせするしかなさそうです。

USDAオーガニック認証

USDAオーガニック認証とは、米国農務省の傘下にある機関NOPが定める「オーガニック基準」をクリアした商品に与えられる認証。

日本にも農林水産省が有機農業を認証する「JAS」がありますが、JASのアメリカ版がUSDAオーガニック認証です。

日本とアメリカはオーガニック製品に関する「同等性相互認証」を締結しており、早い話「JAS認証=USDA認証」と見なすことができるというわけです。

USDAオーガニック認証はJAS認証とは異なり、化粧品に対しても、加工食品認証に準じた基準で審査をして認証を与えています。

つまり、USDAオーガニック認証がある化粧品は、口に入れる食べ物と同じく厳しい基準で審査を受けているというわけです。

また、世界には沢山の認証機関がありますが、いずれも「民間」の団体であり、「政府」系の認証は現状でUSDAオーガニック認証だけ。

さらに、コスモス認証やネイトゥルー認証は、石油および石油系の合成成分について、一部使用が認められています。

たとえば、石油から合成された防腐剤などがオーガニックコスメを名乗る商品に使用できるのは、サステナビリティの観点から望ましくありません。

一方、USDAオーガニック認証は「食品」に準ずる認証を受けるわけですから、当然のことながら石油系の合成成分は使用されていないというわけです。

USDAオーガニック認証はとても厳しい認証制度であり、その認証を受けたコスメはとても信頼性の高い商品であることがお分かりいただけたと思います。

ただ、認証基準が厳しいだけあって、USDAオーガニック認証を受けているコスメはかなり少ないです。

ドラッグストアでUSDA認証の商品を見かけることはまぁないと思うので、基本はネット通販で購入することになります。

デメター認証

世界でもトップクラスに基準が厳しいと言われているオーガニック認証の一つがデメター認証です。

デメター認証プログラムは1928年に設立された、有機栽培の食品に与えられる世界で初めての認証ラベルです。

USDA認証と同様、お肉や野菜、ワインといった食料品に対する認証制度ですが、化粧品も対象としている認証です。

デメター認証は、バイオダイナミック農法により生産された農作物、厳しい基準に則して加工された製品にのみ、認証マークをつけることが認められています。

欧米では、デメター認証を受けた農産物は、高い実績が認められ、高品質であると信頼を得ており、一種のステイタスともなっています。

バイオダイナミック農法は、太陽、月、惑星と地球の位置関係が土壌や生命体の成分及び気象等に与える影響を重視し、種まきや苗植え、耕うん、調合剤の準備や施肥、収穫などの時期を、月の満ち欠けや天体の動きにあわせて行われます。

化学肥料や農薬を使わず、天然成分で作った調合剤を使うことで、大地の力を引き出す農法です。

バイオダイナミック製法で作られた農産物は、通常栽培の物より、根の重量が18%も重かったというデータもあるんだとか。

  • 植物原料:バイオダイナミック有機栽培農法で栽培された農産物を用いる事。植物原料の50%以上はオーガニックである事。
  • 天然原料:95%以上は天然原料である事。香料は全て天然である事。

が審査基準とされています。

OTCO認証

米国農務省が定めるオーガニックプログラム公認の認可団体「オレゴン・ティルス」が規定する、オーガニック認証。

オレゴン・ティルスはオーガニック食品とその農業を支持するために1974年にアメリカのオレゴン州に誕生した非営利な民間による会員組織であり、アメリカのオーガニック認定の中でも信頼性のある厳しい基準の1つとされています。

認定される為には、最低でも7年間、一切の化学肥料・駆除剤を使わずに、自然の肥料だけを使って土壌改良し、バクテリアが健全に増殖できる農地づくりをし、輪作(続けて作付けすること)をせずに土中に存在する最大6%の有機質を維持していく必要があります。

おすすめ5選

本記事では多くの認証を紹介してきました。

しかし多くの人はきっと「いちいち認証のある商品を探すのが面倒…。」と思う人もいらっしゃるかと思います。

というわけで、本記事で紹介をした認証のいずれかを取得している、おすすめのブランド・商品を紹介させていただきます。

RUHAKU

琉白は国産沖縄素材をふんだんに配合。

日本人に合った国産素材の中でも、沖縄は、紫外線や潮風などの厳しい環境が特徴。

その中で生育する生命力溢れる植物と沖縄の美しい海の恵みを合わせた、力強さと癒しの力を兼ね備えたオーガニックコスメが 「琉白」です。

全製品でエコサート認証を取得している正真正銘のオーガニックコスメブランド。

3回以上のリピート率が80%以上という高い満足度。

人気スパであるANAインターコンチネンタル石垣リゾートでも採用される信頼性の高さ。

通常2,625円相当のセットが初回限定990円なので、まずはお試しセットから始めることをオススメします。

メルヴィータ

ロクシタン グループのフランス発のオーガニック認証コスメブランド「メルヴィータ」。

オイル美容のパイオニアであると同時に、世界中の化粧品で初めてエコサートを取得した企業の1つです。

「生きた自然をそのままに」を理念としながら、世界中からオーガニック植物成分を厳選し、肌へのアプローチを追求した製品づくりを行うとともに、フェアトレードも推進しています。

美容誌などのベストコスメを96冠受賞し、美容のプロにも愛されているオーガニックコスメブランドです。

そんなメルヴィータの中でも最も人気が高いベストセラー商品がビオオイル アルガンオイル。

洗顔後すぐの肌に使うことで、保水力に富んだアルガンオイルが化粧水・クリームのうるおいをギュッと抱え込むブースターの役割をし、驚くほどモチモチの美肌へ導きます。

アルガンオイルに含まれるオレイン酸、リノール酸やステロールなどの美肌成分が、キメの整ったふっくらとしたハリ肌へと導き、エイジングケアにもアプローチします。

数年間、雨が降らなくても枯れないと言われるモロッコの木「アルガン」から採れた実から低温圧搾で抽出した一番搾りのオイルを使用。着色料や防腐剤などの化学物質を一切使用しておりません。

NATURAL ORCHESTRA

100%オーガニックの認定を受けた高品質のホホバオイルです。

NATURAL ORCHESTRAのホホバオイルはコールドプレス(低温圧搾)で圧搾、未精製の不純物が少なくビタミンやミネラルが豊富で上質な天然有機栽培、純度100%のホホバオイルです。

ホホバオイルに含まれるワックスエステル、ビタミン群は、「肌荒れ」「ニキビ・吹き出物」「敏感肌」などのケアに最適です。

人工心臓の潤滑油としても使用されるほど信頼性が高く、様々な肌質の方が使えます。

ドクターブロナー

オーガニックという言葉が最もふさわしいブランドがドクターブロナーです。

ドクターブロナーは一つの商品で複数のオーガニック認証を取得しています。

例えばマジックソープシリーズは

  • ネイトゥルー認証
  • コスモスオーガニック認証
  • OTCO認証

という3種類の認証を取得しています。

もはや「どんな認証の基準でもクリアできる」という自信のあらわれとも言えます。

WELEDA

オーガニックコスメブランドとして非常に知名度の高いブランドがヴェレダです。

ヴェレダはネイトゥルー認証の立ち上げに関わるブランドなので、当然すべての商品でネイトゥルー認証を取得しています。

加えてヴェレダは「バイオダイナミック農法」の生みの親、ルドルフ・シュタイナーが立ち上げた歴史あるオーガニックブランドです。

バイオダイナミック農法は一般的な有機栽培よりも厳しい品質基準であるとも言われています。

BADGER

オーガニックコスメ界でトップクラスに審査が厳しいと言われている「USDAオーガニック認証」。

審査の厳しさゆえに、USDA認証を受けているコスメは数少ないのですが、バジャーは大部分の商品で認証を受けています。

また2019年、バジャーは自社のオーガニック庭園と土壌に再生的な手法を導入することで、再生的農業を実践する最初の一歩を踏み出しました。

再生農業は、大気中から炭素を取り出して地中に隔離するもので、気候変動との戦いにおける強力なツールであり、土壌の肥沃度と生態系の回復力を向上させる健全な方法でもあります。

つまり、バジャーはただオーガニック原料を使うだけでなく、商品作りを通して地球環境の回復をはかろうとしているのです。

ジョンマスターオーガニック


大人肌に潤いを与えるザクロ種子油やアルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)、ブドウ果実水などの保湿成分を配合したエイジングケア化粧水。

シロキクラゲ多糖体やマドンナリリー根エキスなどの保水成分が、水分をたっぷり含んでキープ。

肌が水を飲むように角質層まで潤いを引き込んで満たし、ふっくらとしたハリのある肌へ導きます。

ゼラニウムやラベンダーにローズマリーをブレンドした幸福感あふれる香り。

ロゴナ


美容液、クリームの導入に理想的な化粧水。

オーガニックのダマスクローズがお肌をいきいきと整え深い潤いで満たします。

ローションパックやヘアウォーターとしても活躍。

メイクフィニッシュや、ヘアウォーターにも!

この記事を書いた人
JUN

アイヌ文化のある町で生まれ育ち、アイヌの「動物や自然と共存する思想」を学びながらサステナブルな暮らしを実践中!主にサステラのInstagramで発信してます!

JUNをフォローする
コスメ
スポンサーリンク
JUNをフォローする
サステラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました